北九州市の子育てを応援する行政サービスガイド「子育てマップ北九州」をリニューアルオープン

子育てに役立つ情報を発信
妊娠出産・子育てを支援する行政サービス情報を届けるウェブサイト


   全国100自治体以上の子育て行政サービス情報Webサイト「子育てタウン」を運営する株式会社アスコエパートナーズは、このたび、福岡県北九州市の子育てを応援する行政サービスガイド「子育てマップ北九州」をリニューアル公開いたしました。


■北九州市「子育てマップ北九州」ページ:https://kitakyushu-city.mamafre.jp/



■背景

 これまで北九州市には、アスコエが運営する「子育てナビ」と、北九州市内のNPO団体が運営する「子育てマップ北九州」の2つの子育て支援サイトがありました。このたび、これらを統合し、「子育てマップ北九州」として、4月1日にリニューアル公開いたしました。


■リニューアルのポイント

1.行政サービス情報の拡充
掲載する行政サービスの制度数が増えました。絞り込み検索によって自身が知りたい行政サービス情報がより探しやすくなりました。

2.イベントページの追加
北九州市で行われるイベントを表示します。探したい地区で絞り込むこともできます。

3.施設マップ機能
北九州市内の各種施設と育児サークル・フリースペースを、マップまたは施設一覧のどちらからでも検索することができます。

4.育児サークル・フリースペース紹介ページの追加
北九州市内の育児サークルやフリースペースの情報と活動内容を紹介します。 お住まいの地域や対象年齢を選んで、自身に合ったものを探すことができます。

5.特集ページの拡充
子育てに役立つさまざまな行政制度を掲載しています。「子育て知っ得!」コラムでは、北九州市内で子育て支援に取り組む現場の声や参加者の感想などを毎月取材形式でお届けします。


■概要

 「子育てマップ北九州」は、子育てするうえで知っておきたい行政サービス情報を分類・整理し、子育てを頑張るユーザー目線に立ってわかりやすい言葉、表現で伝えるウェブサイトです。
 国および自治体が提供する「子育て」「介護」「防災」など様々な行政サービス情報を、誰もが簡単に検索、活用できることを目指して開発された行政サービスメニュー体系「ユニバーサルメニュー®(UM)」を採用し、行政サービス情報を部品化して検索しやすい情報構造と高い網羅性を実現しました。
 制度の概要や対象者、申請期日など難解な行政制度の説明は「ユニバーサルメニュー・テンプレート」を活用してわかりやすく平易な言葉にリライトし、理解しやすさを追求しています。また、テンプレートを利用することによって、情報を発信する行政職員は原稿を一から作成する手間と時間を省くことができます。
 「子育てマップ北九州」は北九州市とアスコエが協働する官民連携事業です。官と民が連携することによって開発コストを抑制しています。また、行政サービスに限らず、救急時に対応している病院の連絡先や、北九州市内で活動している子育て応援団体のイベント情報など子育て世代が知りたいお役立ち情報を発信します。

 アスコエが提供する子育て支援プラットフォーム「子育てタウン」は、全国100以上の自治体で公式サイトとして導入されています。



■印刷用PDF:「子育てマップ北九州」リニューアル公開