12月17日(木)18時~【パブリック・エクスペリエンス・アワード2020 緊急特別企画ウェビナー】「行政DXは、エクスペリエンスから始まる」


パブリック・エクスペリエンス・アワードは、住民と行政機関、民間企業が協働して「新しい公共の体験価値」を創っていく活動を支援する取り組みです。 住民と公共のタッチポイントにおける体験価値を向上する創造力に富んだ工夫と、興味深い取り組みの成果である感動体験を「ベストプラクティス」として称え、皆さまと共有することを目的にアワードを開催しています。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の流行を受け、アワードイベントの開催を見合わせている中、緊急特別企画として武蔵大学 社会学部 教授の庄司昌彦先生をゲストにお迎えし、本ウェビナーを開催する運びとなりました。

パネルディスカッションではソシオメディア株式会社 代表取締役社長 篠原氏と トッパン・フォームズ株式会社 企画本部長 矢野東氏に加え、 弊社 代表取締役社長 安井も登壇し、利用者視点のDX推進、新しい公共の体験価値について議論します。

  本イベントを通して新しい「パブリック・エクスペリエンス」を創っていく、皆さまにとっての機運やそのきっかけづくりとなりましたら幸いです。

【ウェビナー概要】
■ 開催日:2020年12月17日(木)18:00~19:00
■ 会場:新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、オンラインでの開催になります。
 ※配信はZOOMを予定しています。
■ 参加費:無料
ご参加には事前のご登録が必要です。下記のお申し込みサイトより必要事項のご入力をお願いいたします。
https://toppanforms.eventissimo.jp/public/seminar/view/2143
 ※ウェビナー共催社のトッパン・フォームズ株式会社のサイトに移動します。
 ※参加者が定員に達した時点で締切りとさせていただきます。


【プログラム】
■ 基調講演
「デジタル改革の追い風を受けて行政サービス体験をどう変えるか?」
講師:武蔵大学 社会学部 教授 庄司 昌彦先生

国際大学GLOCOM主幹研究員
主な研究領域:情報社会学、情報通信政策、デジタル・ガバメント、オープンデータ、スマートシティ、電子行政、地域情報化、ネットコミュニティ、社会イノベーションなど
内閣官房オープンデータ伝道師、総務省自治体システム等標準化検討会座長、総務省地域情報化アドバイザー
(一社)インターネットユーザー協会理事
(一社)オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン代表理事

■ パネルディスカッション
・武蔵大学 教授 庄司 昌彦先生

・ソシオメディア(株)   代表取締役 篠原 稔和氏
総務省 行政管理局:技術顧問(2017年~現在)
特定非営利法人人間中心設計推進機構(HCD-Net):理事長(2018年〜現在)
ユーザーエクスペリエンスやデザインマネジメント(デザイン経営)に関わる包括的な専門性を活かして、企業セクターから行政・公共セクターに至るまでの「デジタルトランスフォーメーション」の実現に向けた総合的なデザインコンサルティング分野に注力している。

・トッパン・フォームズ(株)  企画販促統括本部 企画本部長 矢野東 聡氏
UCDA認定一級プロデューサー
入社後、営業部門を担当。その後、人事部門、営業部門を経て2020年4月から企画本部へ。
同社が取り組むCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)向上を実現する新たな価値の創出・提供を手掛ける。CX推進を担う研究・共創スペース「LABOLIS X(ラボリス クロス)」を汐留本社に新設、企業や自治体、生活者との間に「情報」の接点を作り出すソリューションを提供している。

・(株)アスコエパートナーズ  代表取締役社長 安井 秀行
NPO団体 アスコエ代表、一般社団法人ユニバーサルメニュー普及協会 理事
慶応義塾大学 政策・メディア研究科 非常勤講師
慶応義塾大学理工学研究科計算機科学専攻修士課程修了
米国ノースウエスタン大学 Institute of the Learning Science修士課程(MS)修了
マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン、IT・WEB関連ベンチャー企業を経て現職
内閣官房 新戦略推進専門調査会 デジタル・ガバメント分科会 委員
一般社団法人オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン 監事

【ウェビナーに関するお問い合わせ】
pr@asukoe.org