2020年レポートの英語版を公開~自治体におけるAIチャットボット普及に向けたオープンデータ化を推進

株式会社アスコエパートナーズ(以下、アスコエ)が参画している「子育てオープンデータ協議会」は、2020年4月に公開した「子育てAIチャットボットの利活用促進に向けた検討 2020年報告書」の英語版として「The 2020 Report on Introducing Childcare AI Chatbots to Public Service」を、2020年10月22日に公開することをお知らせいたします。



■子育てオープンデータ協議会とは
自治体がAI チャットボットを利用する際のFAQデータセットを、AI チャットボットの開発・運用を担う事業者の意見も踏まえて確立することにより、自治体におけるAI チャットボットの導入促進と、それに伴うFAQ データのオープンデータ化の推進を目的として、2019年に発足しました。AIチャットボットを導入している自治体、AIチャットボットを提供している事業者、オープンデータに関する有識者らによって構成されています。

行政サービス情報の構造化とデータ流通による社会変革に取り組んできたアスコエは、データの標準化と共有化を推進することをめざし、本協議会に参画しています。

■協議会の構成


■The 2020 Report on Introducing Childcare AI Chatbots to Public Service』(全34ページ)
The 2020 Report on Introducing Childcare AI Chatbots to Public Service

■『子育てチャットボットの利活用促進に向けた検討2020年報告書』(全32ページ)
子育てAIチャットボットの利活用促進に向けた検討_2020年報告書(日本語版)

FAQデータセット(Excel形式でダウンロード)
提供自治体及び提供事業者双方へのヒアリングを実施し、どの自治体でも活用できるように汎用データとして、FAQ項目およびサンプルFAQをまとめています。またサンプルFAQ中の”サンプル問合せ文”、及び”サンプル応答文”には、各自治体に合わせた情報を入れる事を想定して作成されています。

子育てオープンデータ協議会汎用FAQ

※本FAQデータ著作物のご利用(複製、公衆送信、翻訳・変形等の翻案等)については、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(以下「CC ライセンス」という。)の表示4.0国際(https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/legalcode.jaに規定される著作権利用許諾条件を指す。)によるものとします。

以下のいずれかを、ご利用するWebサイトまたはチャットボットの説明資料などに明記ください。

A: CC-BY 4.0 子育てオープンデータ協議会 (文字表記)
B: https://licensebuttons.net/l/by/3.0/88x31.png By 子育てオープンデータ協議会 (画像表記)


子育てオープンデータ協議会は「標準的なデータ作成・提供のルール」「一般的なニーズに照らし作成が推奨されるFAQカテゴリ」および「具体的なFAQ項目」を示すことで、コストや運用にかかる自治体の負荷を軽減し、AIチャットボットの導入促進と、それに伴うFAQデータのオープンデータ化推進を引き続き支援していきます。

 
■印刷用PDF:子育てOD英語報告書公開