PR&コンサルユニットのエキスパートが協働した「未来減災課」が、チャレンジオープンガバナンス2020総合賞とJIPDEC賞をダブル受賞!


 2021年2月28日(日)に最終公開審査が行われたチャレンジオープンガバナンス2020において、弊社PR&コンサルティングユニットのエキスパートが協働した「未来減災課」チームが、総合賞と協賛団体JIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)賞をダブル受賞しました。



 未来減災課チームは、東京都目黒区の「コロナ禍における適切な避難行動」課題に対し、避難所情報データとハザードマップデータを活用して、安全かつ円滑な避難行動を促す「私のヒナンヒョウメイ」を提案しました。「私のヒナンヒョウメイ」は、住民一人ひとりの多様な避難状況をあらかじめ行政に伝え、行政が住民に災害状況を周知して適切な避難喚起を促す仕組みで、目黒区職員と区民が議論とアイディア出しを重ねて開発しました。
 自治体の災害支援に関するITサービス立ち上げで培ってきた知見と経験を有する弊社PR&コンサルティングユニットのエキスパートは、アドバイザーとして未来減災課に参画しました。



詳しくはこちらをご覧ください。:チャレンジ!!オープンガバナンス2020

※チャレンジオープンガバナンスとは
市民や学生と自治体がオープンな姿勢とデザイン思考で公開データとデジタル技術を活用して地域課題の解決に取り組む協働活動を応援するコンテストです。