三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社との業務提携および第三者割当増資による資金調達実施のお知らせ

~スマートシティ、デジタルガバメント領域での共同事業に向けて~

 株式会社アスコエパートナーズ(以下、アスコエ)は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡 以下、MURC)を割当先とする第三者割当増資による資金調達を実施し、同社との資本業務提携契約を2021年3月26日付で締結いたしましたのでお知らせいたします。

1.資本業務提携の目的
 近年、我が国の行政の電子化推進を求める声は、スマートシティの広がりとともにますます高まっており、国や地方自治体でもIT化への対応は喫緊の課題となっています。このような行政DXを加速させる機運を背景に、アスコエはMURCと2019年2月にスマートシティ、デジタルガバメント領域における共同事業検討の覚書を締結し、連携した取り組みを進めてきました。
 今回の資本業務提携は、アスコエが保有する行政サービスのDXを推進するユニバーサルメニュー®の技術および利用者視点のノウハウと、MURCの知見とを複合的に掛け合わせることで、新たな事業開発や行政DXソリューション構築などの共同事業を展開し、スマートシティ、デジタルガバメント領域における当社ビジネスをさらに発展させることを目的としてします。

2.業務提携の内容
 本資本業務提携契約による業務提携の内容は次の通りです。
・スマートシティに関する自治体向けEBPM事業の開発・導入・運用支援事業
・スマートシティに関する行政DXソリューション提供事業
・スマートシティに関する住民ニーズ調査支援事業
・MURC顧客向け行政支援制度情報を活用したDXソリューション事業

3.三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社について
 MURCは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、民間企業向け各種コンサルティング、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。  詳細についてはMURCのホームページ(https://www.murc.jp/)をご覧ください。


 ■印刷用PDF:PR20210329_MURC業務提携    

 アスコエは、今後も『ユニバーサルメニュー®』の手法を用いて行政サービス情報を整理・構造化して IT活用するソリューションを提供することで、行政サービス情報を流通させる取り組みをより一層推進してまいります。