EUのデータ戦略レポートで「ユニバーサルメニュー®」が日本の行政サービスカタログ事例として紹介されました

 アスコエパートナーズが一般社団法人ユニバーサルメニュー普及協会とともに研究、開発し、活用している行政サービス標準メニュー体系「ユニバーサルメニュー®」が、欧州連合(EU)の行政を担う欧州委員会が発行したデータ戦略資料「European taxonomy for public services」レポートで、日本の行政サービスカタログ標準化の事例として紹介されました。

European taxonomy for public services

レポート掲載Webページ

 アスコエパートナーズは、ユニバーサルメニュー®と欧州サービスカタログとのデータ連携に向け、エストニア国タリン工科大学と共同開発事業を行っています。今後も行政サービスデータの国際標準化に向けた活動を積極的に展開してまいります。