UM Consulting

ユニバーサルメニューコンサルティング
  • for自治体
  • for国・省庁
  • for企業

WEBサイトのデザインやシステムのリニューアルだけでは実現できない課題をUMコンサルティングで解決します。UM導入に関する総合的なプロセスを踏むことで、プロジェクトは成功へ近づきます。資料提供、各個別自治体サイトにあわせたUMの設計、初期アセスメント、職員研修、導入までを総合的に支援いたします。

point-1

行政サービス情報における情報設計の専門家が支援

行政サービス情報における構造設計の専門スタッフが、ユニバーサルメニューをベースに、その自治体WEBサイトに合ったカテゴリ・メニュー・コンテンツなどの構造設計を徹底支援します。行政サービスの提供側(自治体)の視点ではなく、利用者側(住民)視点で情報整理をすることによって「わかりやすいサイト」の実現に近づけます。

point-2

UMの活用と行政サービスの棚卸しで情報の抜け漏れなし

全国約1700自治体の行政サービス情報を独自にデータベース化したノウハウと、ユニバーサルメニューの活用により、本来掲載されるべき情報の抜け漏れを防ぎ、必要な人に必要な支援情報を届けます。現場の担当職員への負担を極力軽減するため、既存WEBサイト・広報媒体などから、弊社専門スタッフが情報を探し出し整理しメニュー化します。

point-3

コンテンツ作成も担当職員の負担を減らし作成

WEBサイトリニューアル担当者、現場の原稿作成担当者の負担を大幅に軽減しながら、利用者が使いやすい、探しやすい、わかりやすいWEBサイトを作成可能。



Solition
自治体の課題を解決

1.利用者視点によるわかりやすいWEBサイトリニューアルを実現
  • 今のWEBサイトの課題を洗い出したい
  • 自治体の行政サービスが住民に知られていないのでもっと分りやすい情報発信をしたい
  • WEBサイトリニューアルの担当者になったが、経験がなく何から手をつけたらいいかわからない
  • デザインだけでなく、コンテンツの整理も行いたいが良い手法がない
2.担当職員の通常業務外のリニューアル業務負担を軽減
  • WEBサイトリニュアールによる制度担当課の負担を極力減らしたい
  • コンテンツの整理も行いたいが良い手法がない
3.AIやチャットボット、行政評価・BPOなどへ活用可能な行政サービス情報のデータ化を実現
  • AIやチャットボット導入やBPO促進のため行政サービスをデータ化したい
Flow

導入の流れ

1.WEBサイトリニューアル計画へのアドバイス
  • リニューアルの目的、規模等に合わせてコンサルティング範囲、スケジュールのご相談
2.カテゴリの整理、分類・情報構造・メニューの設計
  • 各カテゴリ-におけるメニュー項目の洗い出し
  • UMをもとに自治体にあわせた個別メニューを作成
  • ユーザー視点による各メニュー項目の調整
3.コンテンツの設計と利用者に親しみのある表現への修正
  • 自治体のコンテンツ内容の設計
  • 役所言葉などのわかりにくい表現を修正、市民に身近な情報を追加成
4.CMS等システムへ搭載
  • CSV、ワード等、CMSなどのシステムにあったデータ形式への加工、データ提供

What's Universal Menu?
ユニバーサルメニューとは?

ユニバーサルメニュー(UM)は、国及び自治体等が提供する「子育て、」「介護」「防災」など様々な行政サービス情報を、誰もが簡単に検索・活用できることを目指し設計されています。ユニバーサルメニューは、国がオープンデータの参考に示す自治体向けのタグや、概要や対象者などの項目名(語彙)用いて設計されているため、利用者が行政サービス情報を簡単に検索・活用できるWEBサイトやシステムを容易に構築できます。