自社開発メディア「備災タウン」

ユニバーサルメニュープラットフォーム自社メディア
  • for自治体
Case Studies 自社開発メディア「備災タウン」

もしものとき、住民と自治体職員の「困った!」を助けてくれる情報が満載

災害時に、国や自治体から受けられる支援情報を集約したWEBサイトです。災害発生時の支援制度はさまざまありますが、情報が各府省庁・自治体ごとに分かれて掲載されているため、住民や事業者が受けられる支援情報にたどり着けないという課題があります。「備災」タウンは、復旧復興を支援するための情報を集約し、支援を必要とする住民や事業者が「かんたんに探せて制度内容を理解できる」ことを目指して開発しました。

Point1 ユーザー目線で探せる多彩な検索機能

「困っていること」「受けたい支援」など、被災された方の状況や要望に合わせた切り口での検索が可能です。 フリーワード検索や、制度一覧表示機能もあります。

 

Point2 制度の説明はすべて書き下ろし

住民・事業者が制度を理解しやすいように、馴染みが薄い法律用語や法令文などは、すべてわかりやすい表現で詳解しています。

Point3 スマートフォンでも作成できる「り災証明書」

窓口に行く前にスマートフォンやパソコンで「り災証明書」を作成できる機能です。入力後は自動的にPDFやQRコードに変換できます。

Point4 民間の知見や情報も掲載

被災者支援に役立つコラムのほか、保険会社の相談窓口、鉄道・交通情報がわかるインフラ会社情報など、民間企業が発信しているお役立ち情報も掲載しています。

導入事例

千葉市被災者支援ナビ

常総市つくば市被災者支援ナビ