自治体サイト診断

ユニバーサルメニューコンサルティング
      
  • for自治体
Case Studies
UMカバレッジ診断(愛知県尾張旭市)

地域情報を効率的に情報発信

「サイトをどう改善していいかわからない」「各担当課がホームページでの情報発信に積極的でない」 「各担当課との話し合いがスムーズに進まない」「自分の市町村の強みや独自性を知りたい」「情報発信力を強めたい」そうしたお悩みに応えるのがUMカバレッジ診断です。愛知県尾張旭市様では、子育てに関する政策全体の情報発信について課題を感じられていました。UMカバレッジ診断により、WEBサイトでの情報掲載状況を客観的に把握し改善ポイントが明らかになりました。

Case Studies
UMテンプレート採用(大阪府大阪市)

UMテンプレートでコンテンツの標準構造化

自治体サイトリニューアルにおいて、CMSの入れ替えに伴うコンテンツの移植計画はありましたが、今までのコンテンツをそのまま移植するのでは今までの使いづらい情報となってしまう恐れがありました。また職員がそれぞれ新しくコンテンツを書き直す時間もなく雛形になる文章が必要でした。そこで、サイトリニューアル時のコンテンツ作成の雛形・参考情報としてUMテンプレートを活用いただきました。これにより「概要」「支給内容」「対象者」など必要な項目が揃い抜け漏れないコンテンツ作成と、ゼロからコンテンツ作成を行わないことにより負担軽減が可能となりました。

Case Studies
UMコンサルティング(福岡県福岡市)

広報課主導によるコンテンツリニューアルを実現

WEBサイトリニューアルにおけるトップページのカテゴリ分類に関するアドバイスとライフイベントのコンテンツ作成支援を行いました。トップページでのカテゴリ分類では利用者視点による分類検討のアドバイスを行い、コンテンツ作成では、ユニバーサルメニューのテンプレートを基に福岡市サイトを専門スタッフがリサーチしコンテンツを作成。カテゴリ提案、メニュー作成、コンテンツ作成のフルコンサルティングを行いました。