トッププロダクト&サービス手続きアセスメント

国・自治体向け
行政DX導入支援

手続きアセスメント
(行政手続き棚卸し)

「手続きアセスメント」は、自治体の行政手続きを調査・分析し、その上でオンライン化の重要度・優先度をスコアリングします。
さらに当社が設計した「オンライン化で削減される住民負担」などの独自基準による評価を用いて、自治体様ごとにKPIを設定。KPIの達成に向けたプロセスを可視化し、最適なDX計画の策定をサポートします。

こんな課題を解決します

  • 手続きの「デジタル化」をどこから手をつけてよいかわからない。
  • 縦割り業務のため、庁内の手続き業務を俯瞰できない。
  • 手続きデジタル化に向けて、KPIを新しく設定したい。
  • どの手続きをオンライン化すればKPIを達成できるか知りたい。
  • コスト削減につながる手続きオンライン化をしたい。
  • 住民が本当に望んでいるオンラインサービスを知りたい。
  • 電子申請の利用率が低い。
  • 電子申請で入力不備が多い、入力データにばらつきがある。

導入効果

  • 組織横断で自治体様職員を対象としたアンケート調査やヒアリングを実施。縦割り組織で日常では知りえない各組織ならではの事情や課題なども、明らかになります。
  • 弊社独自開発のメソッドにより、各手続きをデジタル化するうえでの「優先順位」や「難易度」が数値化(スコアリング)されるので、自治体様内で共通認識を持ちやすくなります。
参考画像(拡大)

特徴

調査票・データ管理は、
扱いやすい「Excel」統一フォーマット

データ管理や二次加工がしやすい「Excel」を利用して調査を行います。テンプレート化した調査票フォーマットを利用するので、速やかに着手できます。膨大なデータ集計を効率的に行うための独自ツールが、スピーディかつ職員様のご負担を極力抑えた調査実施を可能にします。

役所内決裁資料にも利用できる
調査・集計結果の一覧

調査結果レポートでは集計結果が一覧で提示されるので「電子化するべき手続き」がとてもわかりやすく把握できます。レポートは役所内決裁資料としてもご利用いただけます。

調査範囲・サポート工程は
カスタマイズ可能

自治体様のマンパワーやご予算に合わせて、サポート工程、調査領域などのご相談も承ります。

行政サービスのエキスパートが住民目線で
オンライン化の計画立案をサポート

100自治体以上との取引実績を持つ当社だから、ITだけでなく行政サービスにも精通。利用者目線で手続きプロセスを分類することで、手続き単位だけでなくプロセス単位での課題発見、オンライン化検討が可能です。調査のみならずオンライン化に向けた計画立案までフルサポートします。

【オプション】
住民向けアンケート作成支援業務

住民の「デジタル化」に対するニーズや、「デジタル化」に伴う住民が懸念している不安要素を的確に洗い出すための調査・集計もお手伝いさせていただきます。 

事例

加古川市|広報・行政経営課様 

2020年度に「手続き棚卸し」を実施されました。

トッププロダクト&サービス手続きアセスメント