トッププロダクト&サービス自治体Webサイト診断

国・自治体向け
行政DXサイト UI改善

自治体Webサイト診断

自治体様が運営するWebサイトを、「情報の網羅性」「コンテンツのわかりやすさ」など、[ユニバーサルメニュー®]を熟知する弊社エキスパートががさまざまな視点で診断するサービスです。

こんな課題を解決します

  • サイトをどう改善してよいのかわからない。
  • 各担当課がホームページでの情報発信に積極的でない。
  • 広報課・IT課と各担当課との話し合いがスムーズに進まない。
  • 自分の市町村の強みや独自性を知りたい。
  • 情報発信力を強めたい。

導入効果

  • 自治体様運営Webサイトの状況を、定性・定量のレポートで客観的に把握いただけます。
  • 自治体様運営のWebサイトについて、改善ポイントが明確になります。
  • 必要な情報の抜け漏れを可視化し、改善ポイントが明確になります。

特徴

  • [ユニバーサルメニュー®]のメニュー構成に基づいて、自治体様運営Webサイトの第2階層(各カテゴリの制度一覧ページ)について、どの程度制度情報が掲載されているかの網羅性を分析します。(カバレッジ診断)
  • 第3階層(制度詳細の説明ページ)については、[ユニバーサルメニュー®]の「コンテンツパターン」と「コンテンツアイテム」を基に、情報項目をどの程度まで網羅的に掲載しているかについて分析します。

事例

愛知県尾張旭市様

子育てに関する政策全体の情報発信について課題を感じていらっしゃいました。自治体Webサイト診断([ユニバーサルメニュー®]カバレッジ診断)により、Webサイトでの情報掲載状況を客観的に把握し改善ポイントが明らかになりました。

トッププロダクト&サービス自治体Webサイト診断